2011年02月28日

心配なニュージーランド



2月22日発生したニュージーランドの大地震
連日ニュースで報道されている

発生当時忙しかくテレビもネットもチェックしていなかった私 ダッシュ(走り出すさま)
地震発生後2日にして初めてニュースを知ることに

そういえば12月に我が家に来たゲスト
B君はニュージーランドから来ていた
出身の街はどこだったか・・
まさかクライストチャーチじゃ・・あせあせ(飛び散る汗)

22日午後B君からメールが来ていた
でもウィルス対策ソフトが「危険」と言うので未開封のまま
無事だといいのだけれど・・
メールが来たってことは生きてるってことだよね、きっと たらーっ(汗)


メイさんとB.jpg

猫も犬も大好きB君
メイさんも時々遊んでもらっていた



にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村

ニックネーム うちこ母 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ホストファミリー ニュージランドから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

ヨーロッパの雪 東京の雪


2月半ばになって急に雨や雪が増えた東京

2月12日の雪 雪
ほとんど積もることもなく
人通りのないところのみうっすら残った雪

屋上雪.jpg


その二日後バレンタインデーに降った雪 雪
夕方の雨が急に雪に変わりあっという間に積雪
でも朝方にはちょっとずつ解け始め
午前中にはかなり解けた状態に

2月15日の雪.jpg


東京以外は雪が多い今年の日本 雪雪
それに比べて東京はこの雪が降る前は
歴代2位の乾燥ぶりだったとか ー(長音記号1)


さて同じく豪雪に悩んだ年末の欧州
クリスマスシーズンに届いたメール

ルクセンブルクのマドモアゼルCの場合

here we have had more snow than in the last 100 years.
My parents told me that they had never seen so much snow in Luxemburg.
It is impossible to get out of the house or even to walk outside because of the snow.
This morning my mother had to take the bus to get letters and newspapers because there is no way to drive or even to open the car's door.
And she told me that because of the ice she fell three times and that it is suicide to go outside.
Moreover, since yesterday we heard that house's roofs fell in because of the heavy amount of snow on it, this morning I helped my mother to take away all the snow from the roof.
My mother already said that we probably will eat noodles for Chrismas since there is no way to get further than the post office.
It is unbelievable that after such a hot summer with 40 degrees we now have such a cold winter and more snow than ever.
The climate is definitely changing!


郵便と新聞も配達されないため
郵便局まで取りに行く始末 たらーっ(汗)
車のドアが凍りつき開かないので
自家用車での移動は無理
そのためバスででかけることに あせあせ(飛び散る汗)
雪のため何回も転ぶ ダッシュ(走り出すさま)
外に出る=自殺行為そのもの
しかも雪の重みで屋根が下がってきたと
なので朝から雪おろし
当分食料を買いに行けないので
カップ麺で凌ぐことになるかも
・・・と去年の12月の話


こちらはマドモアゼルDからのメール
日本語を習っているので半部くらいは日本語

                      今雪が降っていますからいろいろな店が占めますから
                      全部プレセントを買いません

ちょっとした間違いもあったり
だけどそれもご愛嬌 顔(ペロッ)


さてさて一昨日はバレンタインデイ 黒ハート
うちこはケーキ作りに精を出し

ケーキ作り.jpg


うちこの焼いたgateau chocolat
ミニハート形のほかに大きいホールも
美味しゅうございました ハートたち(複数ハート)

ハート型チョコケーキ.jpg


こちらはうちこ母・・・
・・が購入したケーキ 顔(イヒヒ) 

バレンタインケーキ.jpg

今や本命チョコとか義理チョコとか
そんなのものは古い時代
今は「友チョコ」全盛期
バレンタイン前の週末は
友チョコづくりで大わらわの女子校生
手作りこそはしないけど
オバサンだって友チョコします
毎朝甘い「おめざ」が楽しみ るんるん



参加中 ぽちっと

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村



ニックネーム うちこ母 at 10:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 留学・英語・ホストファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

sawako??!! 日本のコミック意外なタイトル



さて、箱の写真のみで終わった前回の記事

贈り主は去年我が家にやってきた
パリ出身のマドモアゼルD


1月のおくりもの 2.jpg

中身は・・というと


1月のおくりもの 1.jpg

じゃあ〜ん ぴかぴか(新しい)
私たち家族それぞれへのクリスマスプレゼント るんるん

でもなぜ1月にクリスマスプレゼント??

理由その1
 12月は記録的寒波&大雪に見舞われた欧州
 雪のため閉まっているお店が多く
 買い物自体が困難だった

理由その2
 クリスマスは12月25日から1月6日まで
 日本のように25日すぎたら「即お正月」ってわけでもない

そんなところ


calissons.jpg

まずうちこ母へのプレゼント
私のリクエスト、フランスの伝統的お菓子 Calissons
私の大好物の一つ ぴかぴか(新しい)
アーモンドの粉でできていて
独特の味と香りがする ハートたち(複数ハート)
フランス人の中にも苦手な人もいるとか
どこでも売っているとは行かないらしく
私のためにこれを探して
雪の中何軒ものお店を当たってくれた
うわ〜ん すみませーん・・ あせあせ(飛び散る汗)
パリに行った時はお土産屋さんでよく見かけた
「外人向けお土産菓子」とうことなのかな??


料理本.jpg

「うちこ父とうちこ兄には何がいいかわからなかった」
というマドモアゼルD
「これを参考に美味しいものを作ってあげてください」
とくれたフランス料理の本
私にもわかるように英語版で(笑


sawako.jpg

これはうちこへのプレゼント
フランス語のまんが
皆知ってる超人気コミック「君に届け」
去年映画にもなった「きみとど」です

もともと日本のまんがだから
逆輸入版ですな

しかーし exclamation 驚くべきはそこではなく
な、なんと 題名が

「SAWAKO」!!

なんで さわこ???
(コミックの主人公の名前ではありますが・・)

ちなみに英語版タイトルは
 kimi ni todoke : from me to you

フランス人には kimi ni todoke < sawako なんですね

ふしぎ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村



とあるサイトから拝借しました
カリソンとは?? です

名前の由来がはっきりとしていないようで、主に2つの説があります。

1.1454年、ルネ・ダンジュの後妻ジャンヌ・ド・ラヴァルは普段笑わないことで有名でした。
結婚式の当日、お祝い用に宮廷パティシエが作ったこのお菓子を食べ、笑顔になりました。
すると側近にうちの一人が「di calins soun (ce sont des câlins)」、
このお菓子はCalin(口の上手い人)のようだと言ったが名前の由来。
2.1630年ペスト回避の誓言を記念し、毎年9月1日にNotre-Dame-de-la-Seds教会で、
司教が"venite ad calicem"(ラテン語)で祈りを捧げた後に聖体パンの代わりに配られました。
ラテン語を"Venes toui i calissoùn"(プロヴァンス語)、
"Venez tous aux calissons"(フランス語)に訳されたのが名前の由来。

形の由来もいろんな説があるようで、
Aの名前の由来からキリストの揺りかごを見立てていると言われていたり、
アーモンドの花びらを見立てていると言われているようです。




ニックネーム うちこ母 at 07:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 留学・英語・ホストファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

立春イブ=節分



昨日は立春 桜
春を迎える日
暦ではもう春だなんて、早いなぁ ダッシュ(走り出すさま)

昨晩家の外で男性の叫び声が
叫び声ともわめき声とも
いやむしろ奇声にすら近い叫び
夜も遅いし、ちょっと怖い 顔(汗)

ん?でも よーーく、よおーーーく聞いてみると

「おにはあ〜そとおーっ、ふくはあ〜うちいーっ」

なーんだ、ただの豆まきかぁ 顔(ペロッ)

立春の前日、節分と言えば豆まき

豆は外に撒くのも内に撒くのも後片付けが大変

寒いのでキッチンの窓をちょっとだけ開け
「鬼はーそと!」と勢いよく豆を投げた私

豆が窓の枠に当たってはね返り室内の床にばらばらと
あらら、縁起悪いかも・・と急いで拾おうとしたら
なんと手より先に出た足が豆を捉え
あっ!!と思った時にはすでに踏みつぶされて悲惨なことに
床は細かく砕かれた豆の残骸だらけ・・ 顔(え〜ん)あせあせ(飛び散る汗)


恵方巻き.jpg

関西出身の恵方巻さん
あっという間に全国区でひっぱりだこ
我が家は手作りで・・写真も控えめに小さく たらーっ(汗)


豆.jpg

恒例の豆まきにはこれ
少量の豆に鬼のミニお面付き


被れって?.jpg

え?被る?


無理だから.jpg

無理


お面やだ.jpg

いや、ほんと無理だから


鬼の面 まじ無理.jpg

マジ無理 ぜえーったい!!


とかなり嫌われたお面
でも後程メイさんが密かにお面が気になっているのを知っている私 顔(イヒヒ)
翌日お面と紐がばらばらになって発見・・
かなり激しく遊んだのね

恵方巻きと豆まき
今晩あたり写真添付で
フランスの韓流大好きMademoiselle Dちゃん、
古風な日本好きのMlle Mちゃん、そして
ルクセンブルクのMlle Cちゃんに見せてみよう るんるん


1月のおくりもの 2.jpg
  
またまた届きました〜〜 ハートたち(複数ハート)
1月末に届いたこの包み
フランスのMlle Dちゃんから
中身はというと・・・


参加中

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村







ニックネーム うちこ母 at 08:41| Comment(1) | TrackBack(0) | ネコとの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする