2011年02月08日

sawako??!! 日本のコミック意外なタイトル



さて、箱の写真のみで終わった前回の記事

贈り主は去年我が家にやってきた
パリ出身のマドモアゼルD


1月のおくりもの 2.jpg

中身は・・というと


1月のおくりもの 1.jpg

じゃあ〜ん ぴかぴか(新しい)
私たち家族それぞれへのクリスマスプレゼント るんるん

でもなぜ1月にクリスマスプレゼント??

理由その1
 12月は記録的寒波&大雪に見舞われた欧州
 雪のため閉まっているお店が多く
 買い物自体が困難だった

理由その2
 クリスマスは12月25日から1月6日まで
 日本のように25日すぎたら「即お正月」ってわけでもない

そんなところ


calissons.jpg

まずうちこ母へのプレゼント
私のリクエスト、フランスの伝統的お菓子 Calissons
私の大好物の一つ ぴかぴか(新しい)
アーモンドの粉でできていて
独特の味と香りがする ハートたち(複数ハート)
フランス人の中にも苦手な人もいるとか
どこでも売っているとは行かないらしく
私のためにこれを探して
雪の中何軒ものお店を当たってくれた
うわ〜ん すみませーん・・ あせあせ(飛び散る汗)
パリに行った時はお土産屋さんでよく見かけた
「外人向けお土産菓子」とうことなのかな??


料理本.jpg

「うちこ父とうちこ兄には何がいいかわからなかった」
というマドモアゼルD
「これを参考に美味しいものを作ってあげてください」
とくれたフランス料理の本
私にもわかるように英語版で(笑


sawako.jpg

これはうちこへのプレゼント
フランス語のまんが
皆知ってる超人気コミック「君に届け」
去年映画にもなった「きみとど」です

もともと日本のまんがだから
逆輸入版ですな

しかーし exclamation 驚くべきはそこではなく
な、なんと 題名が

「SAWAKO」!!

なんで さわこ???
(コミックの主人公の名前ではありますが・・)

ちなみに英語版タイトルは
 kimi ni todoke : from me to you

フランス人には kimi ni todoke < sawako なんですね

ふしぎ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村



とあるサイトから拝借しました
カリソンとは?? です

名前の由来がはっきりとしていないようで、主に2つの説があります。

1.1454年、ルネ・ダンジュの後妻ジャンヌ・ド・ラヴァルは普段笑わないことで有名でした。
結婚式の当日、お祝い用に宮廷パティシエが作ったこのお菓子を食べ、笑顔になりました。
すると側近にうちの一人が「di calins soun (ce sont des câlins)」、
このお菓子はCalin(口の上手い人)のようだと言ったが名前の由来。
2.1630年ペスト回避の誓言を記念し、毎年9月1日にNotre-Dame-de-la-Seds教会で、
司教が"venite ad calicem"(ラテン語)で祈りを捧げた後に聖体パンの代わりに配られました。
ラテン語を"Venes toui i calissoùn"(プロヴァンス語)、
"Venez tous aux calissons"(フランス語)に訳されたのが名前の由来。

形の由来もいろんな説があるようで、
Aの名前の由来からキリストの揺りかごを見立てていると言われていたり、
アーモンドの花びらを見立てていると言われているようです。




ニックネーム うちこ母 at 07:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 留学・英語・ホストファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする