2011年05月22日

原発 リヨンでの反応



震災から2カ月以上経ったものの
被災地の復旧もまだ遠い道のり
日本では被災地のニュースよりも
原発のニュースの方が多く聞かれるように
しかも原発の話題も一時ほどではない印象
津波の直後にメルトダウンしていたというのに・・
依然と変わらない日本の隠ぺい体質

3月半ばからリヨンにステイしていたうちこ
当時は日本の津波と原発が世界の話題の中心


le monde.jpg

震災間もないころのフランスの新聞


le monode 2.jpg

当時は地震と津波の被害の大きさと
日本人の秩序ある行動が話題になっていた


次第に話題は原発事故へと変わった頃
うちこの周りの人々がみな
彼女と日本を心配してくれる中
リヨンの高校の英語の教師
「日本は地震国だというのになぜ原発があるのか」
そんな批判を授業中延々としたらしい

その瞬間海の向こうの日本では
地震と津波と原発事故で苦しんでいるというのに
そして目の前にその被災国からの生徒がいるのに
平然といや、却って熱く日本を非難する先生の姿に
耐えがたい憤りを感じたうちこ
フランスは核所有国且つ原発大国であり
かなりの原発事故を隠しているのが現状
そんな国に今の日本を非難する権利があるのか
大好きだったフランスが嫌いになった、と

その気持ちはよくわかる
でもそれが外国であり異文化だと思う
所変われば品変わる
考え方も見る角度で180度違うもの
これが正しいという「絶対」はない

でも・・


頑張れ日本.jpg

うちこの通った高校にだって
日本を応援してくれる生徒はたくさんいた

やっぱり

人間の根本はきっと同じなのだと思う


with japan.jpg 

「日本と共に」
     
   
   


ここをクリック

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村



ニックネーム うちこ母 at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘フランス語修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする