2011年12月09日

ひねくれ者?な仏会話のG先生



うちこの仏会話のG先生
英語、英国・・「英」のつくもの皆嫌い

夏休みにイギリスから一時帰国したうちこ兄
お土産にワインを持ち帰る
英国でも南部で生産されるイングリッシュワイン


nyetinber wine.jpg

 《これはイメージです(イギリス産スパークリングワイン)》

ワイン好きのG先生へ一本
他の生徒さんと一緒に飲んだ時のこと

 友:これ、イギリスのワインだって

 G先生:ふうん

 意外といけるね〜

 ・・・ 揺れるハート (沈黙)

 ね?結構おいしいよね?

 ・・・・・ 黒ハート (積極的に無言)

 おいしいでしょ?
どう?


う・・お・・いしい・・ ハートたち(複数ハート)


素直じゃないんです 顔(イヒヒ)あせあせ(飛び散る汗)

でもこれはどこで作ってるんだ?
産地が書いてないぞ
 (とラベルと眺める)
ふぅ〜〜ん・・
産地を書かないなんて
やっぱりイギリス人だ ふふふ


ひねくれちゃって〜〜(笑
おいしきゃそれでいいのにねぇ 顔(ペロッ)

ちなみにちゃんと産地は書かれてます
ワインの名前にも地名がはいってるし・・ あせあせ(飛び散る汗)



さてさて 下の二つはルーブル美術館内にある標識
「館内飲食禁止」を知らせる物
さすがひねくれたフランス
ユーモアたっぷりです
誰にでも分かりやすい
日本なら・・真面目に和文&英文で書くことでしょう
きっと たらーっ(汗)

ルーブル 標識 食べる.jpg

実際の展示美術品を利用しているあたり
とっても引き込まれます
これなら「守らなきゃ〜」って思っちゃう  ??



ルーブル 標識 走る.jpg

「走らないで」の標識

他にも数種類ありました


〈 今日のスウィーツ 〉

louvre pyramid.jpg

ルーブル美術館の入口にある
賛否両論だったガラス張りのピラミッド


食べるピラミッド.jpg

館内のカフェではピラミッドも食べられます



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村

ニックネーム うちこ母 at 13:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 娘フランス語修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする