2010年06月13日

パリ 窓そして扉



パリの窓 と言えば


notre dame.jpg

ステンドグラスや
(ノートルダム寺院にて)



champs elysees.jpg

パリの街並みを演出する窓々・・・
(シャンゼリゼ通り)



hugo boss.jpg

そしてファッションの街らしくショウウィンドウ
日本の雑誌と新聞を持つマネキン
フランスではJAPONがお洒落なのかな



dior.jpg

さすがパリ
ショウウィンドウの美しさも格別



中庭への扉.jpg

街を歩いていると見かける扉


中庭につづく扉.jpg

中庭に続いていたりする


telephone.jpg

公衆電話のブースの扉
取っ手が電話の受話器の形


次回こそ「フランスのネコたち」


ニックネーム うちこ母 at 02:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まちのいたる風景がほんと絵になりますね。
なんか風情があるというか♪
素敵だな〜♪
Posted by めいまま at 2010年06月16日 16:01
写真、どれも素敵!

しかし、日本の新聞が・・・^^;
こっちじゃ英字新聞がお洒落だけど、逆なのでおかしいですねー^^

ホント、どんな場所でも絵になりそうですね〜♪
Posted by ほたる at 2010年06月30日 16:45
めいままさんへ

 本当にそうですね〜
 どこを見てもうっとり・・
 また行きたいわあ〜
Posted by うちこ母 at 2010年08月15日 07:03
ほたるさんへ

 日本の新聞や雑誌がショウウィンドウに・・
 おもしろいですよね
 英語圏の人たちも日本のショウウィンドウや宣伝に
 英語が随所で使われているのを見ると
 こんな気分になるのでしょうか??
 どこに行っても外国のものはエキゾチックに映るんですね
Posted by うちこ母 at 2010年08月15日 07:05
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2112435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック