2011年11月07日

大学生活 − インターナショナル・デイ




11月に入っても
まだ夏日の日があった今年の日本
でもうちこ兄のいる街はもうかなり寒いらしい 雪

すでに寒かったという10月半ば
うちこ兄のいる大学では
インターナショナル・デイなる催物があった
海外の学校では珍しくないことだけど
自分の国の食べ物を料理して レストラン
みんなで持ち寄りお互いの親交を深める・・みたいな物
今は日本の大学でもあるんでしょうね


219.jpg


そういえば私の留学中にもあったなぁ
今でもよ〜〜く覚えているのは
アフリカからの留学生が主体となった親睦会

メニューは couscous (クスクス)と
豆料理や煮込み料理の数々
私にとって味はいまいちだった(素人学生が作ったからかな)
その分記憶には強烈に焼き付いている 顔(ペロッ)

同じクラスの人ではなかったけれど
アフリカの何とかという国から来ていた男子留学生
当時アフリカ大陸で唯一飛行機(飛行機会社だったかな?)を所有する国



ぴかぴか(新しい) 王子!! ぴかぴか(新しい)


でも友人達の噂によると

「足がね〜〜〇さいの!! 顔(え〜ん)

って あせあせ(飛び散る汗)

「王子の足も匂う」 ものなんですね〜〜 顔(イヒヒ)



話題を元に戻して

インターナショナルデイに出す日本食
うちこ兄は「とんかつ」に挑戦を決心

料理なんてあまりしたことないうちこ兄
のっけから「とんかつ」って
かなりハードル高くない? たらーっ(汗)


大丈夫
動画で作り方を見て勉強した 手(チョキ)


そっかーー ひらめき
今はそういう方法があったっけ

まだまだ頭の中がアナログな私 あせあせ(飛び散る汗)


材料は日本食材店で調達し
電気フライヤーも買いこみ
(え?早々と買ったんかい)
(寮のキッチンは火気厳禁だから仕方ない・・)
エプロンまで買いこんで

Good 準備万端 男の厨房 るんるん

ってわけで本番を前に練習作に挑戦〜〜

出来上がりの試作品は
同じ寮のブロックに住む人達にお裾分け


みんな美味しいって言ってくれたとか

よかったねぇ Clap


でも ちょっと待って 手(パー)

全て上手く行くわけがない のが世の常

その後悲しい出来事が


続きは次回でね


<今日のスウィーツ>

JB1.jpg

うちこ父の誕生日にうちこが食べたケーキ
ケーキの上のベリーがかわいい かわいい

ポチっとしてくださるとうれしいです

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村


ニックネーム うちこ母 at 10:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 息子英国大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねえ、このスナップインは、実際にいずれかの口の水まきを行いますので、誰がこれを表示した後に感じることができる真の健康的な味。
Posted by recover files at 2011年11月15日 17:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2913980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック